01« 2017 / 03 »02
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

page top

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 5話 

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト5話、「山踏ミ・世界ノ果テ」。


カナタたち、時告げ砦の面々が任務兼ピクニックに行く回。
相変わらずの高レベル作画。自然が良く書き込まれていて、見ていて気分がイイ!
世界の果ての見せ方も良かったと思う。ちょっと感動した。
緑豊かな大地が、世界の果てを越えた途端に無人の荒野になってるのは
どういうことなのか。


前回までは一回毎にキャラを一人ずつ紹介していく形式だったが、
今回は既に紹介されたキャラを深めるのに重点が置かれていた。
キャラ紹介に一話あててすらもらえなかったフィリシアが、不憫でならない。
結構好きなタイプのキャラなのだけれども。
クレハはクラウス少佐大好きなようだが、残念ながら明らかに釣り合わないwww
ノエルのつぶやきがいちいちツボすぎて仕方が無い。


なんかシリアスはただのアクセントで、このまま日常路線を突っ走る気がして来た。
ただ、このキャラで真面目に戦争されてもどうかと思うのと、
日常ものとして回を重ねるにつれて質が上がってるので、これはこれでいいのかも。

Category: ソ・ラ・ノ・ヲ・ト

Thread: ソ・ラ・ノ・ヲ・ト - Genre: アニメ・コミック

2010/02/02 Tue. 15:43 [edit]   TB: 10 | CM: 0

page top

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 4話 

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト4話、「梅雨ノ空・玻璃ノ虹」。


ノエル回。
キャラ紹介と世界観の表現のバランスがとれた、良回だった。
戦争のシリアスな話も、上手くアクセントになっていたと思う。
世界観は良く出来てるのだから、今回みたいに外に出た方が面白いんじゃないか。


ノエルかわいいよノエル。
他のキャラがみんな明るいので、一人暗いキャラがいると、逆に映える。

カナタ「お祭りの時のおばさん!」
ナオミさん「お・ね・え・さ・ん」
ノエル「無理強い、ダメ」

には吹いたwww 気持ち汲み取ってあげてwww
中途半端に百合百合しいのは、スタッフの打算的な考えが垣間見えて、マイナス。


ナオミさんが言っていた、「来月の出荷」って何なんだろう。
何か深刻そうな話に聞こえたけれども…。
舞台となってる世界は思ってた以上に末期的なようで、
海にはもう生き物がいないらしい。
旧時代の技術は、最早完全に失われてるようだ。
この終末的な世界観には、かなり心惹かれる。

Category: ソ・ラ・ノ・ヲ・ト

Thread: ソ・ラ・ノ・ヲ・ト - Genre: アニメ・コミック

2010/01/26 Tue. 14:10 [edit]   TB: 10 | CM: 0

page top

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 3話 

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト3話、「隊ノ一日・梨旺走ル」。


カナタが熱を出して、リオが駆けずりまわる回。
リオいい先輩だよなあ。後輩を助けるために恥をかけるというのは偉いと思う。
でもフィリシアにとってリオは「先輩ぶろうとして背伸びしてる可愛い後輩」
なわけで、こう受け継がれて行く先輩後輩の関係というのがなんかいい!
前回思った通り、前半は伏線張りつつ各話一キャラずつ紹介、で終わりそうだ。


伏線もいろいろ張られていて、カナタの憧れる人とリオの尊敬する先輩が
実は同じ人じゃないか、というのが明らかに。
物語の中の人々はいつ気づくんだろうか。
補給物資が届いた、と聞いた時のカナタの不安げな表情も気になるところ。


今回も灰羽連盟っぽさ満載。カナタとリオの関係はラッカとレキの関係で、
リオの宗教嫌いの理由や母親のトラウマを、言葉を使わずに表現するのも
やっぱり灰羽っぽい。これを機に、灰羽の知名度上がってくれればいいのに。

Category: ソ・ラ・ノ・ヲ・ト

Thread: ソ・ラ・ノ・ヲ・ト - Genre: アニメ・コミック

2010/01/19 Tue. 14:41 [edit]   TB: 8 | CM: 0

page top

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 2話 

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト2話、「初陣・椅子ノ話」。
戦争ものでも、「ARIA」でもなく、「灰羽連盟」だったでござる。


相変わらず、背景の書き込みがすごい!
ここまで来ると気持ちいいレベル。背景だけでも視聴の価値があると思う。
今回は、カナタとクレハが宿舎の幽霊調査に行く話。
日本語を見て「イデア文字」と言ってたのはどういうことだろう。
1話に出てきた伝承が、物語の核心になってくると思うのだが、
これもその旧時代の話に関わっているのだろうか。
多分、5話くらいまでこんな感じで世界観の説明、キャラ紹介なんだろう。


この作品、いろいろな面でかの名作、灰羽連盟に似ている。
全体的な雰囲気(こっちの方が明るいが)や、背景の力の入れよう、
今回出てきた宿舎は、まんま灰羽連盟のオールドホームだし、
主人公の声優に新人を起用するというのもそうだ。
ある程度は意識してやってるんじゃないか、と思うのだけれども、
似せると比較されるわけで、これからどう独自の色を出していくかが、
心に残る作品になるかどうかの分かれ目になるんじゃなかろうか。

Category: ソ・ラ・ノ・ヲ・ト

Thread: ソ・ラ・ノ・ヲ・ト - Genre: アニメ・コミック

2010/01/12 Tue. 14:27 [edit]   TB: 4 | CM: 0

page top

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 1話 

1月スタートアニメ第一号、ソ・ラ・ノ・ヲ・ト1話。


監督は、「エルフェンリート」の神戸守(だからクリムトが出て来たのか!)、
制作は「おお振り」、「かんなぎ」、「鉄腕バーディー」などのA-1 pictures。
エルフェンは結構良かったので、期待できそうだ。


1話ということで、世界観の描写に終始していた印象。
街並みや自然が雰囲気出てて非常に良い!
一方、キャラは1話ではよく分からない。2話以降、徐々に分かっていくのだろう。
キャラデザはどう見ても「けいおん!」だが、違う人らしい。
注目度アップにはつながるけど、視聴者が先入観を持ってしまうのはどうなのか。
けいおんと比べると、キャラの作画が若干不安定な気がする。


これからどう話が進むんだろうか?
戦闘ものにするにしては、この1話、およびキャラデザが軽すぎる。
つーか、一体誰と戦っているのか。

カナタ「また一つ、素敵を見つけちゃった」

の言葉通り、ARIA的日常路線なんだろうか。
何にせよ、今後に期待!

Category: ソ・ラ・ノ・ヲ・ト

Thread: ソ・ラ・ノ・ヲ・ト - Genre: アニメ・コミック

2010/01/05 Tue. 09:30 [edit]   TB: 0 | CM: 0

page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。