07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

page top

とある科学の超電磁砲 14話 

レールガン14話。レベルアッパー編のエピローグ。


やたらと軽い友人たち(これは以前の佐天さんなんだろう)と対比することで、
反省し、ちょっと成長した佐天さんがうまく描かれていた。


友人が若干軽すぎやしないか、とちょっと思ったのだが、
この、「その回のメインキャラをよく見せるために、他のキャラや、
流れの自然さを犠牲にする」というのがレールガンの演出の特徴なんだろう。


自分がこれを一番よく感じたのが、
11話のビリビリが木山先生の意識をのぞき見る、というシーン。

ビリビリが木山先生に電流を流す→木山先生の意識が電気信号として伝わる

という「おいwww何だこのとってつけたような設定www」
と言わざるを得ない展開を経てこのシーンにいたるわけだが、
多分スタッフ的には、

「ここにいたるまでの自然な流れを考えるよりも回想シーンの演出をがんばろう!」

と開き直っていたのだろう。
実際、この回想シーンの出来は非常によかった。


このアニメはキャラアニメだ!と開き直り、重要でない部分を切り捨てて、
ひたすらにキャラを魅力的に描くことに全力を注ぐ、という潔さが、
レールガンが、人気の点で他アニメを一歩リードしてる理由なんじゃないか、
と思うのだがどうだろう。

Category: とある科学の超電磁砲

Thread: とある科学の超電磁砲 - Genre: アニメ・コミック

2010/01/09 Sat. 13:55 [edit]   TB: 0 | CM: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://khstar.blog110.fc2.com/tb.php/9-e1fa583b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。