05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

page top

デュラララ!! 15話 

デュラララ!!15話、「愚者一得」。


ライターの贄川が、池袋最強の静雄について探るため取材してまわる回。
一般人がこんなアレな人々に取材をして、有益な情報が得られるわけないだろう…。
いつもの通り、前半は何も事件は起こらず、後半になって話が動く構成。
静雄とセルティの相思相愛っぷりに吹いたw セルティには新羅よりもむしろ(ry


罪歌=切り裂き魔というのが明らかになったが、謎なのが切り裂き魔の行動。
前回までは、園原さんは切り裂き魔の犯行現場にいたけれど襲われなかった、
というか切り裂き魔が園原さんを守っていた、という印象さえあったのだが、
今回どういう心境の変化か、園原さんに襲いかかっている。
園原さんの両親は切り裂き魔に殺された、ということで、この二人には
何らかのつながりがあると思うのだが、どういうつながりなのかサッパリ。
あと、贄川が切り裂き魔に刺されて切り裂き魔になったのもちょっと気になる。
きっと切り裂き魔は刺した人間を操れるんだろう。
贄川を刺したのは、前に襲われたギャルだったりするのか。


次回予告の贄川春菜の目が…!中の人が、こういう目をした人の演技に
定評がある中原麻衣だけに、期待大。

Category: デュラララ!!

Thread: デュラララ!! - Genre: アニメ・コミック

2010/04/23 Fri. 11:12 [edit]   TB: 6 | CM: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://khstar.blog110.fc2.com/tb.php/73-e16ad62e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

デュラララ!!第15話『愚者一得』の感想レビュー

踏んだり蹴ったりならぬ、撥ねられたり轢かれたりな『東京ウォリアー』誌、東京災時記担当の贄川周二メイン回でした。 ドタチンのバンよりも、セルティのバイクよりも威力の高いだろうシズちゃんのドア突進パネェw 刃物を振り回して危ない相手に近付くための盾替わりなわ...

gurimoeの内輪ネタ日記(準備中) | 2010/04/23 11:40

デュラララ!! 第15話 「愚者一得」

序盤はライター視点で物語が展開していきましたね。 それぞれの人物が記事っぽく紹介されるのが良かったです。 http://tb.plaza.rakuten.co.jp/broo...

シュガーライト | 2010/04/23 17:00

デュラララ!! 第15話「愚者一得」

「彼女を見張れ、私の中の内なる声がそう言っていた」 池袋最強を求めて―― 切り裂き魔に襲われた贄川が…(汗)    【第15話 あらすじ...

WONDER TIME | 2010/04/23 20:21

デュラララ!! 第15話 「愚者一得」

池袋最強・平和島静雄を追う記者・贄川。 あの投げられた人ですね(笑) サイモンのすし屋や粟楠会も取材しますが…長生きできないタイプ...

SERA@らくblog | 2010/04/23 22:13

デュラララ!!~第15話 感想「愚者一得」

デュラララ!!ですが、切り裂き魔に襲われた園原杏里はとりあえず横においておいて、雑誌記者贄川の平和島静雄を探す旅をやります。贄川は無精ヒゲもダンディな中年ですが静雄に投げ飛ばされて以来ずっとゾッコンのようです。まずはロシア寿司のサイモンですが、頼んでもい...

一言居士!スペードのAの放埓手記 | 2010/04/23 23:28

デュラララ!! #15 「愚者一得」 レビュー キャプ

半年前に池袋最強(最凶?)の取材で平和島静雄の事を知ってからと いうもの、雑誌記者・贄川周二の静雄への好奇心は強くなっていた。 静雄の強さの秘密に迫ろうと贄川周二は、静雄の事を知っているで あろう、様々な人々の元を取材していく・・・。 露西亜寿司の店員サ

ゴマーズ GOMARZ | 2010/04/24 17:15

page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。