01« 2017 / 03 »02
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

page top

輪るピングドラム 12話 

分からん!しかし面白い!


輪るピングドラム12話、「僕たちを巡る輪」。


一周して、第1話と同じ感想まで戻ってきたぜ!
兎にも角にも、ひたすらに伏線をばらまいていた回だったように思う。
それを演出や衝撃展開で工夫し、面白く見せるというそんな回。
情報多くて理解が追いついてないので、今回はちょっと整理することにする。



闇ウサギと眞悧


闇ウサギは、プリクリと敵対する存在で、高倉母が蘇ったことに関与。
眞悧は、その闇ウサギを従えるもの。それがほぼ確定していること。
眞悧は、「運命の至る場所」から来たというのはプリクリと同じだが、
闇ウサギを従えているわけだから、むしろプリクリの敵なはず。
…が、プリクリのペンギン帽を陽毬に与えたのも彼という訳の分からなさ。
プリクリは彼を敵対視しているけれども、眞悧の方はそうではなく、
彼はむしろプリクリを自分のものにしたい、と考えると辻褄は合う。
闇ウサギの目的の方は、ノーアイデアですたい!



時系列


ちょっと混乱したのだが、

晶馬・冠葉・陽毬誕生→母倒れる→闇ウサギ登場→母復活→両親失踪

でいいんだよね?一瞬、母が倒れたのは子供たちが産まれる前かと思ったが、
担当した医師の当時と現在の比較、メリーさんの羊の話からそれでいいはず。
ピングドラムを失ったのは苹果も絡むので、16年前の事件の時だろう。



高倉家


陽毬と晶馬・冠葉の血がつながっていないんじゃないかというのは、
苹果が「擬似兄妹」と言ってたあたりから何となく感じていたのだが、
今回でむしろ、冠葉と晶馬が双子というのが怪しくなってきた気がする。
気になったのは剣山の子供が産まれた時の「男の子ですか!」という台詞で、
もし双子だったら「どっちも」とかいう言葉がついて然るべきな気がする。
一卵性だと双子の性別は一般には同じになるが、一卵性には見えないし…
見た目からすると、剣山の息子は冠葉の方。じゃあ晶馬は何やねんとなるが、
陽毬の「運命の人」は晶馬だろうという自分の直感を信じると、
晶馬は9話の「こどもブロイラー」出身の子供なのかもしれない。
ただ9話で陽毬と出会った時点で、晶馬はものごころついている様子で、
じゃあ何で冠葉と双子だと思い込んでいるんだという話になるけれども…
やっぱり運命の相手マリオなんじゃね?とはまだ思わないことにする。


次回、…陽毬蘇ってー!!!
眞悧も動き出したし、ここからが本番じゃないかと思う。



にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

Category: ピングドラム

Thread: 輪るピングドラム - Genre: アニメ・コミック

2011/09/30 Fri. 13:18 [edit]   TB: 7 | CM: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://khstar.blog110.fc2.com/tb.php/314-5283db24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

輪るピングドラム第12話『僕たちを巡る輪』の感想レビュー

物語の折り返し地点でヒロイン再死亡だと…!?な、驚愕過去開示回でした。 先週の時点でたくさんの方が気付かれていましたが、1995年の3月20日と言えば悪名高い地下鉄サリン事件を連想される方が多かったわけで、今作でも地下鉄で犯行が…と、かなりタブー色が強?...

gurimoeの内輪ネタ日記(準備中) | 2011/09/30 15:42

輪るピングドラム 第12話 感想「僕たちを巡る輪」

輪るピングドラムですが、高倉冠葉たちの両親は95年の事件を起こした団体の指導的幹部だそうです。高倉父の精悍な顔つきはただものではない感じでしたが、この事件ではももかが死んでおり、荻野目苹果と晶馬の間柄も複雑です。更には冠葉とももかは幼なじみだったようです...

一言居士!スペードのAの放埓手記 | 2011/09/30 17:53

輪るピングドラム #12

【俺たちを巡る輪】 輪るピングドラム 1(期間限定版) [Blu-ray]出演:高倉冠葉(木村昴)キングレコード(2011-10-26)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る だって罰は一番理不尽じゃない ...

桜詩~SAKURAUTA~ | 2011/09/30 19:47

輪るピングドラム 第12話 「僕たちを巡る輪」

十六年前に起こった事件、それは晶馬たちの両親が起こしたものだった。 地下鉄での毒ガス(?)って よくもあのタブーな事件をモデルにしたものですね(汗) 桃果はその地下鉄に乗り合わせで事件にあい、遅...

SERA@らくblog | 2011/09/30 21:15

『輪るピングドラム』#12「僕たちを巡る輪」

「だって、罰は一番理不尽じゃないとね」 理不尽な運命の女神… なにやらアバンでは意味深なシーンが。 陽毬?の心電図が止まった際、病院には黒ウサギが二匹いて… なぜか心電図が再び動き出した。 そばには、例の謎な司書がいたが、再び心臓が動き出したのは彼の...

ジャスタウェイの日記☆ | 2011/09/30 21:22

輪るピングドラム 第12話 感想「俺たちを巡る輪」

「君の姉さんが死んだのは、僕たちのせいなんだ----------」 俺は運命と言う言葉が嫌いだ-------------。 すべてが決められているというのなら、自分達は一体何のために生まれてきたのだというのか? 神様はとても理不尽だ。 95という数字の意味。 あれは...

★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ | 2011/09/30 22:27

◎輪るピングドラム12THSTATION「僕たちを巡る...

カンバが帰るが、ヒマリとショウマはいなかった。電話がかかってくる。今夜ヒマリがまた死ぬよと教えられる。ショウマがキミの姉さんが死んだのは僕たちのせいなんだという。16年前...

ぺろぺろキャンディー | 2012/01/17 02:48

page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。