06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

page top

輪るピングドラム 11話 

良回だが、実在の事件を出されると感想が書きづらい…


輪るピングドラム11話、「ようやく君は気がついたのさ」。


やっと本気出してきたな!
これまではキャラクター同士の関係が安定していて、苹果がただ一人、
多蕗&ゆりの関係を壊そうとするもうまくいかない感じだったのだが、
今回は苹果がようやく目を覚まし、晶馬が苹果に秘密を打ち明けるなど、
人間関係にだいぶ動きが出てきて面白くなってきたように思う。



ギリギリの美学
(不謹慎かもしれないので、読みたくない方は飛ばしてください)



恐怖という感情は他の全ての感情を凌駕する、という形質は、
人間が自然の中で生き抜くために身につけた「生存戦略」だが、
今回は苹果が自分が作った惚れ薬でちょっと危ない目に遭うシーン然り、
実在のショッキングな事件を題材として持ってきたこと然り、
その生存戦略を鋭く突くようなシーンが非常に強く印象に残った。
苹果のストーカー云々の話もそれなりには楽しんではいたのだが、
苹果はどうせ一線越えられないだろうというのが常に頭にあって、
ハラハラ感が足りないと思っていたから、その反動もあったと思う。


こういうギリギリの演出というのは一線を越えるとアウトになるが、
ギリギリであればあるほど人の印象に深く残る、というのもまた事実。
世の中の誰も不快感を感じない作品、なんて退屈以外の何物でもないので、
エンターテイナーなら、リスクを承知した上で挑戦すべきだと思う。
少なくとも自分にとっては、今回の展開と演出は良い意味で印象的だった。



今週の陽毬/プリクリ


基本的には天上天下唯我独尊という感じのプリクリだけれども、
苹果に生い立ちを語らせたり、晶馬が苹果に秘密を話すのを傍観したり、
今回は自身の得、つまり日記奪取につながりそうにない行動が目立った。
あとちょっと気になったのは、最後の地下鉄のシーンでの構図。
プリクリの後頭部から晶馬と苹果を映しているシーンがあって、
それが「プリクリの主観」を意識させようとしているように見えた。
無表情というか憂鬱そうというか、そんな表情を浮かべながら
彼女は一体何を考えていたんだろうかというのを想像してみると、
16年前の事件の因縁か、それとも苹果に対する嫉妬なんだろうか、
よくは分からないけれども、ハッピーなことではないのは想像がつく。
何にせよ、プリクリのキャラに深みが出た回だったように思う。



次回は16年前の事件のネタばらし?


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

Category: ピングドラム

Thread: 輪るピングドラム - Genre: アニメ・コミック

2011/09/23 Fri. 13:37 [edit]   TB: 2 | CM: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://khstar.blog110.fc2.com/tb.php/312-c354fb5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

輪るピングドラム11話「地下鉄サリン事件とかえるくん、東京を救うと村上春樹」(感想)

まさか、ここまで重かったとはピングドラム。 私では正直荷が重いですが、 諦めずに挑戦したいと思います。   地下鉄サリン事件を彷彿とさせる題材。 深夜アニメはアニメ好きの理想郷的な部分があり...

失われた何か | 2011/09/24 21:08

◎輪るピングドラム11THSTATION「ようやく君は...

カンバがマサコの豪邸へいく。この間のゲームは楽しんでいただけるかしらいう。カンバの肖像画を描いてた。お前は単なるストーカーだいう。あなたは、私の得物いう。あの時私にいっ...

ぺろぺろキャンディー | 2012/01/17 02:16

page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。