03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

page top

今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?12 

毎期恒例、ピッコロさんのブログの企画、

「今期(3月終了アニメ)を評価してみないかい?12」

に参加させていただくことにする。
今期は個人的には大豊作で、いつもと比べてだいぶ点数がインフレしている。
というか、今まで29点以上はつけたことなかったのだが、今期は3つも!
実に幸せなシーズンだった。


全体として見ると、エロゲ作家の台頭(まどか、IS)というのが、
世間的には注目を集めたシーズンだったように思うのだけれども、
個人的には、榎戸洋司(スタドラ)、岡田麿里(放浪息子)、
吉田玲子(バクマン)といった、実績のあるアニメ脚本家たちが、
きっちりといい仕事をしたシーズンであったように感じた。


評価する作品は以下の通り。

魔法少女まどか☆マギカ
IS<インフィニット・ストラトス>
放浪息子
レベルE
夢喰いメリー
みつどもえ 増量中!
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!
STAR DRIVER 輝きのタクト
バクマン。



魔法少女まどか☆マギカ

ストーリー 3
キャラクター性 3
画 3
演出 5
音楽 4
総合的な評価 4

合計 22


新房演出、これに尽きる。
インパクトのある演出を、インパクトのある話が見事に引き立てていて、
面白い回は本当に面白かった。
ただ、話的にはインパクト以外に特筆すべきものが無かったのと、
登場人物が、自分には皆「超人」に見えてしまったのが残念なところ。


IS<インフィニット・ストラトス>

ストーリー 1
キャラクター性 5
画 3
演出 2
音楽 3
総合的な評価 5

合計 19


シャルブヒィィィィィ!!!
合計点は低いけど、最高の萌えアニメだった。


放浪息子

ストーリー 5
キャラクター性 5
画 5
演出 5
音楽 4
総合的な評価 5

合計 29


今期開始作品の中では、間違いなくベスト。
スタッフの登場人物への「愛」がふんだんに詰まった作品で、
少なくとも原作付きで、これほどまでに登場人物たちが、愛情を持って、
生き生きと動かしてもらえていた作品を、自分はこれまでに見たことが無い。
そしてここまでキャラに「魂」をこめることができれば、
ただ日常を描くだけで面白い、というのを実感させられた作品でもあった。


レベルE

ストーリー 5
キャラクター性 4
画 3
演出 3
音楽 3
総合的な評価 5

合計 23


冨樫凄すぎワロタwww
冨樫のギャグ漫画、というのはあまりイメージ湧かなかったのだが、
実際に見てみると、さすが冨樫と言わざるを得ない。


夢喰いメリー

ストーリー 3
キャラクター性 4
画 4
演出 2
音楽 2
総合的な評価 3

合計 18


キャラは個性的だし、話も作画も悪くはなかったのだけれども、
作品全体に漂う「もっさり感」が良い所を消してしまっていた気がする。
盛り上がるべきところで、ただ淡々と話が進んでいっているように見えて、
個人的にはそこがだいぶマイナスだった。


STAR DRIVER 輝きのタクト

ストーリー 5
キャラクター性 5
画 5
演出 5
音楽 5
総合的な評価 5

合計 30


最近のアニメの中では、個人的に一番盛り上がった作品。
作画は綺麗だし、音楽も素晴らしい、キャラクターも異常なまでに個性的、
…なのだが、この作品の一番の魅力と言えば、やはり脚本になる。
その場では気付かないのだが、後から思い返すとそういえばそんなシーン
あったよなあ、と感じさせてくれる絶妙に計算された伏線と、
一見すると話が結構いろんな方向に飛んでいるように見えるのだが、
ちゃんと見ると、実は全てが一本の線でつながっているという、
これまた計算された構成が素晴らしく、観ていて毎回何らかの感動があった。
ミズノ編は、この2つの良い点が最もうまく出ていて、
ここ数年のアニメの中でも屈指の良エピソードだったように思う。


みつどもえ 増量中!

ストーリー 3
キャラクター性 5
画 4
演出 5
音楽 4
総合的な評価 5

合計 26


一期に引き続き、安定して、素晴らしく面白かった!
三つ子の存在感は異常。そして脇役陣も味があって非常に良かった。
増量中などとケチケチしたことは言わず、ちゃんと12話やってほしかった…


お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!

ストーリー 2
キャラクター性 3
画 2
演出 3
音楽 3
総合的な評価 2

合計 15


2話までは面白かったのだが、そこでギャグに飽きた…!
奈緒が、結局兄をどうしたいのか、最後までよく分からなかった。


バクマン。

ストーリー 5
キャラクター性 5
画 4
演出 5
音楽 5
総合的な評価 5

合計 29


ガモ…、じゃなかった、大場つぐみ(DEATH NOTE)原作作品を、
カサヰケンイチ(青い花)×吉田玲子(カレイドスター)×J.C.STAFFという
優秀なスタッフがアニメ化、ということで、面白くならないわけがない!
…と思っていたら、やっぱり素晴らしいものが出来上がった。
話は王道の熱血サクセスストーリーなのだが、展開の速さが凄まじく、
その速さが主人公二人の持つ「勢い」と絶妙にマッチしていて、
見ているこっちまでテンションが上がってくるようだった。

個人的な話だが、うちは母が昔漫画(そういえばこれも集英社)描いてて、
その影響で自分も昔は、漫画家になりたい!などと幻想を抱いていたので、
最高と秋人の頑張りにはかなり心を打たれるものがあった。


ベストキャラクター賞 千葉さおり(放浪息子)

次点でツナシ・タクト(STAR DRIVER 輝きのタクト)。
かなり悩んだのだが、キャラクター自体を比べると、千葉さんの方が、
わずかに存在感が上だったかと思って千葉さんにした。
あと、ヨウ姉妹、カナコ(STAR DRIVER)、三つ子(みつどもえ)、
バクマンの主人公コンビなども、かなりの良キャラだったように思う。

ベストOP賞 SHINING STAR/9nine(STAR DRIVER 輝きのタクト)

ベストED賞 Cross Over/9nine(STAR DRIVER 輝きのタクト)

次点でFor you/Rie fu(放浪息子)。これもかなり悩んだ。
どちらもEDへの入り方補正が凄まじいのだが、より作品の作風と合っていた
Cross Overの方をベストに選ぶことにする。

ベスト声優賞・男性
宮野真守(ツナシ・タクト/STAR DRIVER 輝きのタクト)


ベスト声優賞・女性
花澤香菜(シャルロット・デュノア/IS<インフィニット・ストラトス>)

Category: アニメ総評

2011/05/10 Tue. 12:00 [edit]   TB: 1 | CM: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://khstar.blog110.fc2.com/tb.php/249-46979586
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今期(3月終了アニメ)を評価してみないかい?12

3月終了アニメについての評価企画。 今回も参加させていただきます。 各作品ごとの評価と、部門別のベスト賞を選んでいきます。  

SERA@らくblog | 2011/05/10 15:33

page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。