fc2ブログ
07« 2010 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

世紀末オカルト学院 8話 

世紀末オカルト学院8話、「まんま亜美~ヤ!」。


亜美&亜美父編、後半。
JK最強。そしてこずえも最強。
マヤと亜美の仲直りを軽くすませたため、
今回の大部分はどうでもいいバトルと次回以降の伏線張りに費やされたと思うが、
そういう退屈な展開で生きてくるのがJK、こずえといったギャグキャラ。
今回のJKとこずえはいつもにも増してノリノリだった気がする。
「誰か忘れちゃいませんか~?」のところのJKのノリノリっぷりはwww


マヤと亜美が仲直りするところは、あれくらい描写が薄くて良かったんだと思う。
古くからの友人であれば、喧嘩しても「ごめん」の一言ですむものだと思うし、
その描写の薄さが逆に、二人の仲の良さ、そして懐の深さを表しているようで、
非常に好感が持てた。伊藤智彦監督の師匠(ですよね?)の細田守監督
(「サマーウォーズ」、「時をかける少女」など。共に伊藤監督が助監督)は、
軽い演出でキャラ同士の距離感を出すのが異常に上手い印象があるのだが、
このあたりの上手さは師匠譲りなんだろう。


モスマンやチュパカブラといった、所謂オカルトチックな生き物の登場と、
宇宙人がどう関係してるのかが、まだ見えてこない。
チュパカブラが住み着いていた寺は、教頭が証拠隠滅のために火を放ったわけで、
上記の生物と教頭が関係してることは明らかだが、
チュパカブラと6話の文明の回想に出てきた宇宙人とのギャップが…w
本当にちゃんと1クールで終わるんだろうか。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Category: オカルト学院

Thread: 世紀末オカルト学院 - Genre: アニメ・コミック

2010/08/24 Tue. 12:46 [edit]   TB: 14 | CM: 0

page top