04« 2010 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

page top

Angel Beats! 8話 

Angel Beats!8話、「Dancer in the Dark」。


SSS、赤目天使にさらわれた奏を救出しに行くの巻。
相変わらず、登場人物が状況を言葉で整理してくれるので非常に分かりやすい。
ヒロインの座はもう完全にゆりっぺから奏にうつってしまったのか。
赤目天使を軽くブチ殺すゆりっぺのヒールっぷり半端ねえwww
外見以外は完全に男じゃないかと思うのだがどうだろう。


ABは、豊作な今期アニメの中でもかなり楽しく観ている方である、
とことわった上で、ちょっとネガティブなことを書く。
前から感じていたのだが「死んでも死なない」という設定が
大いに足を引っ張ってる気がしてならない。
この設定により、SSSのメンバーにとっては、消えるか消えないかだけが重要で、
命を守る、というのは大して重要では無くなっているわけだけれども、
キャラが時折、「誰かの命を守るため」に行動することがあって、
それが物語に大いに違和感を与えてるんじゃないかと思う。


例えば今回の話は、奏がSSSを守るために分身を出したことに端を発しているが、
SSSは死なないのだから、自分でもコントロールできない危険な分身を出してまで
彼女がSSSを守る必要は無かった気がするのだ。
(一応、これについては「無意識にやった」という説明がなされているのだが、
無意識の「うっかり」で大問題に発展する、という展開は物語としてどうかと思う)


時折こういう違和感を感じさせる展開がある、というのなら許容範囲なのだが、
それが話の中心に来てるしまうとどうも…。
麻枝脚本って、泣かせるシーンでの演出はすごいと思うのだけれども、
そこに至るまでの展開は強引なことが多く(娘を5年放置するとか)、
今作は泣かせるシーンがまだ来てないため、悪い部分が目についてしまう。
次回あたり、音無&奏で泣かせるシーンを持ってきそうな気もするが…。
スポンサーサイト

Category: Angel Beats!

Thread: Angel Beats! - Genre: アニメ・コミック

2010/05/22 Sat. 13:52 [edit]   TB: 14 | CM: 0

page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。