02« 2010 / 03 »04
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

page top

とある科学の超電磁砲 24話(終) 

レールガン最終回、「Dear My Friends」。


いやー、いい最終回だった。
美琴たち4人や木山先生といったメインキャラはもちろんのこと、
アンチスキルや婚后さんなどの脇役にまできちんと見せ場があり、
かつ、話的にも前回までの流れをうまくまとめている。
作画も、戦闘シーンを中心に勢いが感じられて非常に良い。
今回に限って言えば、文句のつけようがない。


佐天さん大活躍!キャパシティダウンなるものが出て来た時点で、
佐天さんがそれを破壊するという展開は目に見えていた上に、
前回の最後に金属バット振り回してたので、これは絶対に来るぞ、
と思っていたら、案の定www レベルアッパー編以降、
佐天さんが精神的に少しずつ成長する姿が描かれてきてたので、
最後に活躍できて本当に良かったと思う。


木山先生は、子供たちを助けるという悲願がようやく叶ったかたち。
2クールかけてじっくりやったので、観てるこっちも感慨深いものがある。
子供たちを目覚めさせるプログラムを完成させたものの、
過去の子供たちの暴走が脳裏をよぎり、起動をためらってしまうシーンは、
22話最後の、子供たちを助けようと思ってやってたことが逆に子供たちを
苦しめていたことを知って愕然とする、という伏線もあり、
木山先生の子供たちを想う気持ちが伝わって来て非常に良かった。
上記の佐天さんの話や、アンチスキルの活躍も含め、
今回は前回までの伏線がものすごい生かされてる。


美琴は、最終回でようやく主人公になれた気がする。
前回までの不完全燃焼は伏線だったんじゃないか、というような活躍っぷり!
レベルアッパー編では問題を一人で解決してしまったわけだが、
今回は、壁にぶちあたりそこで友達と協力することを学んで解決した、
という点も成長が伺えて良い。「友情・努力・勝利」のジャンプ王道マンガの
主人公に近いものを感じた。


二期はそのうちやるんだろうか?巷では禁書二期が先との噂があるが、
個人的には禁書よりレールガン二期やってほしいと思う。
J.C.さん、よろしくお願いします。しかしその前に青い花二期を…


総評も近いうちに…
スポンサーサイト

Category: とある科学の超電磁砲

Thread: とある科学の超電磁砲 - Genre: アニメ・コミック

2010/03/20 Sat. 13:25 [edit]   TB: 8 | CM: 0

page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。